選んだ道は棘道~生き抜いた先に見える光~2010夏の陣

8月21日(土) 午後6:00 SHIBUYA BOXX

酒井 愁 Presents 「選んだ道は棘道~生き抜いた先に見える光~2010夏の陣」
LITOさん目当ての方は、さすがに少なかったみたい。
自分が見た目浮きまくるかなと思いましたが、その心配はいりませんでした。
でも、やっぱりロックのノリというのは激しくて新鮮でした(笑)

LITOさんの前の CIGARPOCKETS(死我歩蹴って背中の刺繍がなんか印象的) が、
本格的なロックで、常連さんたち大盛り上がり。
前のお嬢さんをマネて腕を振り上げてみたけど、微妙にズレていたかも ^^;
途中で愁さんが、「おまえら、捕獲するぞ!」と網を持ってきまして(爆)
虫取り網じゃなくて 魚のタモみたいなのが、お客さんの頭上を舞いました。

大音響で、しばらくは耳に幕が張ったような感覚でした。
この流れでLITOさんかって思ったら、どうなるのかとちょっと心配に(笑)


バンドが変わると、愁さんによるバンドの紹介が場内に流れます。
 次はだ~れだ。
 地球を守っていたデカ野郎と極悪ドラマーの ある意味夢のコラボレーション。
 今日は緑の服を着ているのかな。
ドスの効いた低音で このセリフはズルイ・・・笑った。

白いVネックのTシャツに青いズボン、黒っぽいジャケット、靴は見えませんでした。
ジャケットの襟は細く、白い縁取り。

1.ハロー・ハロー
 『ラディア』が流れたけど、それは歌わず。
 最初はスローで入って、途中からアップテンポに。

2.ウーパールーパー
 いやぁ、カッコよかった。
 歌詞と関係ないことで覚えたタイトル・・・早く歌詞も全部知りたいな。

3.終電車と赤い文字盤
 「大切にしている曲です」

4.東京チョコレート
 「東京の曲を・・・いや、東京という言葉が出てくるだけか」

5.いつか棒になる
 久しぶりの曲、バンドのメンバーをご紹介。
 健介さんを「ペリー」と紹介すれば、当然ながら「開国しぃてくぅださぁい」と返し、
 「オランウータン」と言えば、マネして愁さんのところまで行くという
 相変わらずのサービス精神、ありがたや。

MCは、また順番がバラバラですが、だいたいこんな感じ。
・「I am LITO、from 北海道 札幌」
 少しの間、ギターの SAIさんも交えて英語で話していましたが、
 全然わかんないと日本語に(笑)
 途中で健介さんに いつものペリーを振って「開国しぃてくぅださぁい」のやりとり。
・LITOです。去年 『White bird featherless』でデビューしました。
 興味のある方は、ツイッターあるいは よく似た伊藤陽佑のブログで。
 仮にも地球を守っていたので 「デカレンジャー みどり」で検索して頂ければ
 すぐに名前が出てくると思います。
・今日は初めての試みとしてギターを持たないでやってみようと。
 そうすると顔とかに目が行くわけですが、要潤と間違わないで下さい。
・愁さんとの出会いは、ルイードK4 だったかな。
 ライブを拝見したんですが、愁さんが客席に向かって 「死ね!」 と言ったら、
 「(黄色い声で)キャーッ!」 って・・・なんだこれは!と。
 信じられない光景でした。一生忘れないと思います。棺桶まで持っていきます。
 いつの間にか事務所が同じになっていました。

最後に 「これからも愁兄ちゃんをよろしく!」 と言っていました。

 ***

久しぶりのバンドは、愁さん中心だから 特にロックっぽい感じでカッコ良かったです。
伊藤くんノリノリで、踊りまくっていました。
そりゃギターなんか持てないって(笑)

いつも思うけど、手の使い方とか目線とか、曲によって役者だなって思う瞬間があります。
それは伊藤くんでなければ出せない部分だろうから、大切にしてほしいです。
年齢を重ねていけば、きっといい味が出ると思っています。

弾き語りもいいけど、たまにバンドを見るとこっちもステキ。
愁さんとの絡みも またぜひ!
[PR]
by hiro3egao | 2010-08-22 02:09 | ライブ
<< フォークナイトニッポンスペシャル new age romantica >>