TSC vol.2 番外編

8月22日(火) 午後7:00 原宿アストロホール

ライブのレポは書きましたが、富田くんのファンの方がたくさんいらっしゃるので、
富田くんのことを少しだけ書こうと思います。
伊藤くんのことでさえ記憶が薄れているので、あまり書けないと思いますが、
とりあえず思いつくまま書きますので・・・

開演前、いつの間にか会場に 『アバレンジャー』 の曲が流れていました。
伊藤くんがデカだから、わざとアバを流しているのかな・・・と思っていたのですが、
実は、総合司会が冨田翔くんだったんですね。
気づかない私って(笑)

登場した冨田くんは、黒いスーツに黒いシャツ、白いネクタイ。
髪は黒で、比較的短くツンツン立ってました。
いきなり自分の中のイメージと違って、あれっ?って。
なんかね、キラキラ、ヒラヒラした衣装をよく着ているって聞いていたから(笑)
司会だし、自分のライブじゃないからかもしれませんけど、
私の持っている情報が間違っているのかも・・・失礼しました。

そのイメージの延長か、女性のようにきれーな人かと思っていました。
いや、きれーなんだけど・・・もっと男っぽくて、ピリッとしてる。
見た目ほわんとした伊藤くんとは、対照的。

ロックのボーカルがよくやる、スピーカーに片足をかけてシャウトするマネしてました。

汗を拭いたハンカチを会場に投げるってことで、
松田さんとふたりで 「ハンカチ王子」 って言いながら、汗を拭いていました。
あぁ、野球好きだったなぁ・・・と。

最初のtatsuyaさんが、ライブの告知をしたとき、
「マネージャー、その日空けといて」 って、楽屋に向かって言ってました。

村田充さんは、関西系でま~ったりとした独特のしゃべりをする人。
初めての絡みで、ちょっと戸惑ったようです。
「珍しくどうしていいかわからないみたいだ」 って、伊藤くん喜んでた(笑)
冨田くん 「緊張するなぁ」 と、ボソッと言った気がします。
村田さんが、「一生懸命しゃべらないと、速くしゃべれないから、
実は役者に向いてないんじゃないかと思う」 って言ったら、
「しかと聞いたぞ! 2チャンネルに書いちゃおう」 見たいなことを言ってました。

楽屋のほうから、ちょっと慌てたような感じでステージに出てきて
「シュークリーム食べてたら・・・」 っていうのと、
「クラッカー食べてたら・・・」 っていうのと、2回やってくれました。

西くんとの爆竜チェンジでは、西くんがちょっとポーズを忘れていたみたいで、
「忘れてるでしょ!」 って突っ込んでいました。
最初に登場した時には、ひとりでやってくれて、
「爆竜チェンジを安売りするな!」 って叫んでたっけ(笑)

声楽家のように 「あ~~~」 って声をあげていたのは・・・なぜだっけ?(苦笑)

会場には伊藤くんのお友達が何人も来ていて、その中のひとり JURIくんを発見。
「お兄さんは横浜ベイスターズの選手」 とご紹介。
正捕手・相川選手らしいですね。

最後のほうで出てきたとき、スーツを着替えていて、
ラフな黒っぽい(ダークグリーンかな?)Tシャツとパンツになっていました。
「すでに帰り支度」 と伊藤くん。
「さっきのも私服です」 と冨田くん。

最後は、TSCのvol.3でも司会をやりたいって言ってくれました。
ほんとにそうなったらいいなぁ・・・


 ***

冨田くんは事務所の先輩で、普段から伊藤くんと仲良しだというのは知っていましたが、
その後輩のために司会をして、ライブを盛り上げてやろうという意気込みが伝わってきて、
あぁ、なんていい人を先輩に持っているんだ!って、思いました。

特に今回、伊藤くんが鼻血のアクシデントでテンパっちゃったので、
冨田くんはじめ、仲間のみんなが彼を助けようっていう感じが、ヒシヒシと・・・
みんなに支えられている伊藤くんは、実に幸せ者だと思います。

それにしても、たくさんおしゃべりしていたよねぇ。
話をするのは好きなのかな。
はっきりとしたしゃべり方だったから、とっても聞きやすかったし、
間がいいから、ずいぶん笑わせられちゃったし・・・意外な才能でしょうか?
それとも、富田くんのファンの間では、有名な話?

とにかく、今回のライブが大成功に終わったのは、
富田くんの司会のおかげ、という部分が、けっこう大きいと思います。
また次回のTSCでもお会いできたら嬉しいです。
ありがとうございました!
[PR]
by hiro3egao | 2006-08-27 21:02 | イベント
<< F-SUMITT vol.1 ... TOKYO SECRET CH... >>