BARABAN NIGHT!~とってもアフタヌーンが好き!~

5月4日(金) 午前11:30 新宿RUIDO k4

いつものように11:15頃、BARABANさんが前説で登場。
「今までは、BARABAN NIGHTなのにどうして昼なんだと言ってきましたが、
もう “アフタヌーンが好き!” と言い切ってしまいました」 と。
突然のライブだから、出演者8人が1人ずつ友達を連れてきて、
お客さん8人だと思っていたので、こんなに集まってくれて嬉しいと言ってました。
約50人といったところでしょうか。
電話予約で約30人、あとは出演者に呼ばれて来た人だったようです。
前2列はいつもと同じように並んでいるのに、うしろはバラバラに立っているので、
2列目の私は、背中がスースーする感じ・・・逆に落ち着きませんでした(苦笑)
今回は、流行りのリズム・演歌で遠距離恋愛をテーマにした歌を歌うということで、
「遠くのトンビ」 という曲を披露しました・・・ホントに演歌調。

1人目は、伊藤友樹くん。
前回以上に、髪型が短くさっぱりと・・・私は長髪よりこのくらいが好きです。
もうひとり、石川くんというベースのお友達を連れてきていました。
思わず “ポッキー” と心の中で・・・これがわかる人は相当年齢が行ってます(笑)
洋楽2曲と、今朝できたばかりの新曲を1曲披露。
若者が世の中の矛盾に拳を上げているような・・・相変わらず男っぽい歌です。

続いて、半田杏ちゃん登場。
「東京メッツ」 でオーデションしたときが小学生だったとかで、
15歳になって、これからまた本格的に女優さんとしてやっていくそうです。
それにしても大人っぽいというか、落ち着いていて15歳には見えませんでした。
20歳を過ぎていると言っても違和感がないくらいです。
1曲披露・・・素直な感じの歌い方。
歌っている途中から緊張して膝が震えたと言ってました。

『メモリーズ』 から、奥村健介さん、秋元麻衣ちゃん、花柳創右くん登場。
創右くんは羽織・袴姿。
6月27日の襲名披露に向けて、挨拶回りの途中寄ってくれたそうです。
BARABANさんいわく、
『メモリーズ』 に係わったことから、日本舞踊の世界とは全然違う中に入って、
健介さんや冨田翔くん、篠田光亮くんが悪いことばっかり教えたと(笑)
途中で創右くんは楽屋へ。
BARABANさんが健介さんに 「創右くんのような格好、したことないでしょ?」
「いや、祖母が着物の仕立てをやってまして・・・」
「その話、長い?」
「え? あ、巻きで・・・いや、すぐ終わります。だからよく着させられましたってだけ」
と、あっさり話は終了(笑)
健介さんのピアノで麻衣ちゃんがメモリーズのテーマソングを披露。
ちょっとだけ振り付けもあって、可愛らしかったです。

『ヴァーサス』 から、水谷あつしさん、笠原秀幸くん登場。
笠原くんは今朝7:00まで飲んでいて、楽屋で爆睡、起きたばっかりだと(笑)
水谷さんに思いっきりいじられてましたが、憎めない感じがなかなか好きかも。
斉藤慶太くんを呼んでくるはずだったのに、携帯にかけてもつながらなくなったと。
慶太くんはとても自由な人で、知り合って間もない頃、コンビニに行ったとき、
笠原くんのほうが年上なのに、「笠原」 と呼び捨てにしたたうえに、
別に飲みたくない 「水」 をムリヤリ奢ってくれたとか(笑)

健介さんといっしょに 『ヴァーサス』 のテーマ曲 「kiss kiss kiss」 を披露。
「歌詞カードが置いてあるのは、念のためにだよね?覚えてないわけじゃないよね?」
と、BARABANさんに突っ込まれてました。
それを見ながら歌ったけど、ちょっと怪しかったですね(笑)
水谷さんは、健介さんには 「後半ゴリラ入れて」
笠原くんには 「完璧なダンスをして」 とムチャ振りして引っ込みました。
健介さん 「マジですか?!」 とか言いながら、きっちりゴリラを入れてくる(笑)
いい感じで歌っていたのに、いきなりゴリラ・・・笑っちゃいましたよ。
笠原くんのダンスの披露はなかったです。

そういえば、『ヴァーサス』 からプレゼントがあって、
まず、舞台に出てきた探偵事務所のグッズ(ステッカーとティッシュケースとなんだっけ?)
これは、笠原くんの 「ほしい人!」 の声に、一番早く手を挙げた男性に。
もうひとつ、表紙に直筆サインの入ったパンフレット。
出演者6人の顔があって、そこにサインが入っているんだけど、
笠原くんだけサインの色が微妙に違う。
ペンが白と銀色とあって、笠原くんが最初に白で書いたら、
ほかの人はみんな銀色で、仲間はずれにされたって(笑)
このプレゼントは、水谷さんとジャンケンして勝ち残った人に。
でも、この勝ち残った方が、実は麻衣ちゃんのお母さんで(爆)
結局、最後まで勝ち残っていたもうひとりの方に譲っていました。
「お母さん、サインがほしかったらいつでも」 って水谷さんが(笑)

続いてBARABANさんが、
いつもお手伝いしてもらっている健介さんにも、1曲歌ってほしいということで、
健介さんが、ピアノの弾き語りで洋楽を1曲披露。
「♪you are so beautiful to me・・・」 って歌っていました。
いつも思うけど、ホントに柔らかい丸い声で、思いっきりステキです。

そして 『bambino』 から、伊藤くんと、再び水谷さん。
でも、このとき伊藤くんの代わりに笠原くんが出てきて(笑)
関係ないけど、笠原くんもここにいました。
居心地が悪そうだったけど、「こういうの放っておくのが好き」 とBARABANさん。

伊藤くんは、襟の大きく開いた白いTシャツ(金色?の女性の横顔が入っている)
その上に緑のシャツ・・・良く着ているアレです。
下はジーパンに白いスニーカー。
髪型は、頭の上のほうが寝癖かなっていう微妙な乱れ具合をしていました(苦笑)
かなり前髪が長くなっていて、目が隠れるくらい。
「今度の役は、それがですね、なんと、な~んと!・・・竜太です!」 と伊藤くん。
「当たり前だろ!」 と水谷さん。
でも、優だったらおもしろいとか言って、
伊藤くんは、「優です。フェミニンな感じで」 と可愛い声を出してクネクネして見せた(爆)
ライブのあとは、2:30からbambinoの稽古で、初めて全員が揃うと言ってました。

『bambino』 からもプレゼント・・・サイン入りポスター。
でも、このサイン、bambinoのメンバーではなく、今日のライブ出演者のサイン。
斉藤祥太くんの下に矢印つけて “笠原秀幸” って入ってた(笑)
「ほしい人!」 に手を挙げた人の中から、「夏生まれの人」 であっさり最前列の人に。

「新曲(タイトル未定)」
「1曲目はひとりだから」 と健介さんに言って、ここで一度、健介さんは楽屋へ。
昨夜できたばかりで、タイトルもついていないとのことでした。
まともに歌ったことがないと言ってました。

  君の音楽になりたい
  幾重にも重なるヴァイオリンやチェロ
  止まらないのはティンパニーの鼓動
  木琴の愛らしさ
  ゆっくり ゆっくり 僕たちは出会い
  ゆっくり ゆっくり 僕たちは涙を流した

あまり信用できませんが、こんな歌詞だったような気がしました(笑)
明るめの、でもちょっと切ない雰囲気。

「雨、」
ここでメンバーを呼ぶと言って、角田崇徳さんと健介さんを呼びました。
角田さんも来ているとは思わなかったので、冗談かと思いました。
「今回、あまりにも急に決まったから、最近ライブでやった曲をいくつか・・・」 と。
私、たぶん、今までのライブで一番間近に伊藤くんを見た気がします。
いつも見ているところは同じなんですが、チューニングしている手に釘付け(笑)
指がほんっとーに細くて、長くて・・・また、痩せた? こんなに細いっけ?と
思わず自分の手と見比べてしまいました(笑)

「健介、ここでお客さんがドン引きするような話をするって、楽屋で言ってたよね?」
「えぇっ?! 何も考えてないよ」
「健介は、麻衣ちゃんとか若い女の子に気色悪いって引かれるような、そういうのに・・・」
「快感を感じる?」
「そう(笑) ・・・この時点でお客さんドン引きだよ」

伊藤くんと角田さんのギターに、健介さんのピアノ。
この曲は、いろいろアレンジしたのもいいけれど、シンプルなのが一番好きかな。

「東京チョコレート」
いつ聴いても好き・・・いっしょに口ずさめるから、さらに好き。
2番の歌詞を少しずつ憶えようと思ったけど、伊藤くんちょっと間違えたみたい。
それに、どうしても聴き取れなくて意味が繋がらない部分があって・・・
早くCDにして下さい、といつもの台詞を呟く(笑)

「いつか棒になる」
これもいっしょに口ずさめるから好き。
健介さん、ずーっとボイパしてましたね・・・器用です。

「終電車と赤い文字盤」
「東京チョコレート」と同様、聴くたびに好きになっていきます。
こういう曲が好きだったのかな・・・なんて自分で不思議ですが。
今まで、サビの部分がよくわからなかったけど、やっと意味がわかって嬉しいです。

  ねぇ・・・終電車と赤い文字盤
  明日からは また会えないの
  あえて手紙とか書くからね
  ねぇ・・・閉まるドアと白い息
  間違って開いたりしないかな
  心の中でわがまま言った

こうやってライブで聴いて覚えた曲は、本当の歌詞を早く知りたいですね。
近い将来、CDが発売されて、「あぁ、ホントはこんな詞だったんだ!」 って言って、
自分の間違いに笑っちゃうのが希望(笑)

歌い終わったあとに 「ども」 とか短く言うのが、なんだか可愛くて。
しっとりと聴かせておいて、余韻に浸っているのに・・・照れ隠しなんだろうかと思います。

伊藤くんの 「全員集合」 の声に、出演者が舞台に登場。
角田さん、ウロウロとセンターに来て、どうしようみたいな雰囲気でしたが、
伊藤くんの隣に落ち着きました。
一人ずつご挨拶。
麻衣ちゃんの 「帰ってお風呂入りたい」 発言に、
続く角田さんも 「俺もお風呂入りたい」 と言って笑わせてくれました。
創右くんは、ダブル伊藤の間にいて、両脇からマイクが。
伊藤くん、「記者会見」 とか言ってました。
笠原くんは、人前で歌ったのが初めてで気持ち良かったから、また出たいって。
6月に伊藤友樹くんが、ここでライブをやると言ったら、マジで来ます!って言ってました。

最後は、伊藤くんとBARABANさんがステージに残りました。
ここで話したのかどうかわかりませんが、
次回の 『BARABAN NIGHT』 は、6月30日(土) アストロホールだそうです。
「今度こそ夜やりますから」 とBARABANさん。
個人的には昼間のほうがありがたいんですけどね。
伊藤くんは、「都合がつけば・・・」 出演だそうなので、一応予定に入れましょう。

 ***

前回は、たった2曲で寂しかったけれど、今回は5曲。
やっぱり せっかくだから、このくらいは聴かせて頂きたいなぁと思いました。
あまりマキが入らなかったので、全体的に落ち着いて見られたのもよかったです。

今回も、やっぱりダブル伊藤では何もなかったですね。
急なことなので、曲が合わせられないっていうのはあると思うけど、
せめてトークを・・・と、いつも思ってしまいます。

朝は人の少なかった新宿も、帰りは大変な込み具合。
あぁ、GWだったよなぁ・・・と思いつつ、のんびりと帰途に着きました。
私にとってのお休みは、これだけ。
楽しいひとときを、どうもありがとうございました。
[PR]
by hiro3egao | 2007-05-05 03:25 | ライブ
<< bambino 2 TOKYO SECRET CH... >>