BARABAN NIGHT!~とってもおヒサな初夏の宵~

6月30日(金) 午後6:00 原宿アストロホール

いつもと同じようにBARABANさんの前説から始まりました。
今回のテーマは、「別れ」 だそうで・・・テーマを決めても誰もあまりそれに触れないけど。
吉田拓郎さんの 『高円寺』 をチラッと。
ご自身の曲は、酒場のダンサー・マリーの歌でしたが、
歌詞を聴いて想像しながら曲を聴く私にとっては、非常に苦手な悲しい内容の歌でした。
その代わりと言ってはなんですが、
BARABAN NIGHTのテーマ曲を作れと言われていたのを忘れていて、
今朝作ったという曲が、爆笑しちゃうような歌詞で救われました。
歌と言っても、♪バラバンナイト バラバンナイト・・・と繰り返すだけで、
あとは “語り” とでも言うんでしょうか、しゃべっていました。

“開演5分前の男” こと入山学さん登場。
テーマに沿って、高校時代の彼女との別れを語り、
前回同様、フランク・シナトラの 『ニューヨーク・ニューヨーク』 を熱唱。

伊藤友樹くん登場、3曲披露。
前回はギターのお友達と2人でしたが、今回はベースとパーカッションが加わり4人に。
題名はわかりませんが、ボン・ジョヴィとボブ・ディランの曲を1曲ずつ。
最後は有名なディープ・パープルの 「Smoke On The Water」
ロック ロックした熱い感じが、友樹くんのカラーなのかな。

BARABANさんが、秋元麻衣ちゃんを呼んだのだけれど、
出てきたのは 水谷あつしさん。
水谷さんは、麻衣ちゃんが小学生の頃に演技指導をしていたとのこと。
もう一度麻衣ちゃんを呼んだら・・・吉田友一くんが出てきて場内騒然(笑)
短い髪、白いシャツ、ジーパンに黒いブーツかな。
吉田くんは、『BANG!×3』 の舞台で麻衣ちゃんのお兄ちゃん役だったということで。
「bambino」 では、あつしさんとのシーンは打ち合わせなしでやっていたので、
毎回、立ち位置とか違っていたようです。
また、慎一郎はデザイナーになりたかったのに、
いつの間にか大学に行っていてびっくりしたって。
やっと麻衣ちゃん登場。
彼女の服を見て、露出が多すぎるとお兄ちゃん(笑)

麻衣ちゃん、奥村健介くんのピアノで1曲披露。
よく知っている洋楽なんだけど、題名がわかりません。
椅子に座ってしっとりと・・・どんどん大人っぽくなっていきますね。

BARABANさんが、半田杏ちゃんを呼んだのだけれど、
出てきたのは やっぱり あつしさん(笑)
東京メッツというグループに所属していた杏ちゃん、あつしさんも何か係わっていたらしい。
もう一度杏ちゃんを呼んだら・・・篠田光亮くんが出てきて、再び場内騒然(笑)
「杏ちゃんとはどういう関係?」 と聞かれて、「今そこで初めて会いました」

杏ちゃん、2曲披露。
15歳というけれど、ホントに落ち着いていて大人っぽいです。
1曲目は、タイムマシーンで旅するような内容(?)で、15歳らしい元気な感じ。
2曲目は、『かさぶた』 というご自身が作詞した曲。

元王子・林修司さん登場、健介さんのギターで1曲披露。
ブリーチのオーデションのときに歌った曲(タイトル忘れました)だそうです。
曲の紹介をするとき、健介さんに 「硬い!」 と突っ込まれ、急にハイテンションに(笑)
このハイテンションのままの、妙に気合の入った振り付けのせいでしょうか、
カッコいいはずなのに、何故か会場内に笑いが・・・不思議な盛り上がり方でした(笑)
かなり緊張していたみたい・・・歌い終わってホッとしていました。
楽屋でも独りで歌のことを考えて誰とも話さなかったとか(笑)
BARABANさんに 「なんだか笑い声が聞こえた」 と言われて
「いや、キャーキャー言ってた」 と。
白夜兄様のイメージしかなかったのだけど、親しみやすい人みたいで好印象でした。

BARABANさんが、安藤亜実ちゃんを呼んだのだけれど、
出てきたのは やっぱり あつしさん(爆)
もう一度亜美ちゃんを呼んだら・・・冨田翔くんが出てきて、当然場内騒然(爆)
翔くんは、相変わらずのノリでかっ飛ばしていました。
♪千の風になって・・・ といきなり歌ったりして(笑)
でも、このあと、楽屋で少々落ち込んでいたらしい。
本当は、key☆s club の宣伝をするつもりだったのに忘れたって(爆)

亜美ちゃんは、健介さんのピアノで、ご自身の作詞作曲の2曲を披露。
別れの曲(だったような気がします)と、明るいラブラブな感じの曲。

BARABANさんいわく、楽屋が大変なことになっていると。
あつしさんや友一くん、光亮くん、翔くんが出てくること、BARABANさんは知らなくて、
出るなら出るって言ってくれと嘆いていました。
みんな出たい人で、引く人はいない、人の話は聞かない・・・だって(爆)

ここで、あつしさんと笠原秀幸くんが登場。
秀幸くん、なんだかムリヤリ引っ張り出されたみたいで・・・でも、嫌そうなのは演技。
BARABANさんの 「最初のゲスト」 の紹介で再び登場。
でも、すごいカッコだよ(笑)
上半身裸でネクタイだけ締めて、仮面舞踏会のような黒いアイマスク(?)
ゲイバーのショータイムみたいな雰囲気(いや、行ったことないからわからないけど・爆)

どうやらリハーサルとは違うことをやったようで、BARABANさん呆れていました。
健介さんに口直しとして歌をお願いし、健介さんがメモリーズのテーマ曲を披露。
相変わらず柔らかい声で素敵ですね。

途中から 「メモリーズ2」 のみなさんがステージに集合。
三上真史くんも爽やかに登場しましたよ。
しょこたんと出ているCMで着ていたTシャツと同じものを着ているように見えました。
「メモリーズ2」 には出演しない光亮くん、翔くんも紛れています(笑)
一人ずつ自己紹介。
このときだったかな、翔くんが三上くんとはブルー繋がりとか言って、
会場にはデカブルーも来ていると・・・もう会場中大騒ぎ(爆)
この後、マイクを回された元王子は、「そろそろこっちの林も見て」 とか言ってました(笑)

仲村瑠璃亜ちゃん、『君に幸あれ』 という曲を披露。
思えば、高校生の歌を聞く機会なんて全くないので、新鮮でいいですね。

ゲスト・ミトカツユキさん登場、3曲披露。
歌い始めた瞬間に惹き込まれるような、歌の上手さにびっくりしました。
ちょっと変わった声質も魅力的。
前回、ミトさんが出演されたライブは見られなくて、
あぁ、もったいなかった・・・と改めて感じました。
8月8日にCDデビューが決まったそうです、おめでとうございます。
記念にアルバムから3曲抜粋したCDを、会場のみんなにプレゼントしてくれました。
ありがとうございます。


ラスト、伊藤くん。
白いTシャツにジーパン、白いコンバース。
髪が黒に戻っていました。
竜太ほどのクルクルパーマではなく、まだ残っているような感じ。
黒いのにパーマがかかっているというのが、不思議な気がしました。

bambinoの話。
変顔したり、「ぶらり途中下車の旅」のナレーションなんかしたりしている伊藤くんに
BARABANさんが、「今はこんなふうだけど、竜太は全然違ってね」 と。
「竜太、とんでもない嫌なヤツで、大っ嫌い」 と伊藤くんが言ったら、
「えーっ」って、会場からブーイング(笑)
みんな竜太のことが好きらしい・・・当然だ(爆)
「嘘だ。りょんりょんに聞いたよ。すごい竜太のこと研究してたって」とBARABANさん。
伊藤くん、なんだか照れくさそうに爆笑していました・・・かわいいです(笑)

アコギスト・永井秀樹さんといっしょに 『雨、』 『天使の翼をあげよう』
永井さん、ライブでお酒を飲まないことはないらしい。
博多弁で独特の語り、この日もご機嫌なご様子(笑)
でも、ギターはやっぱり凄いや・・・メリハリの利いた音という印象でした。
BARABANさんいわく、「ヨースケの連れてくる人はみんな変わっている」(笑)

この後、角田崇徳さんと健介さんが登場。
ギターのチューニング中、健介さんが少しおしゃべり。
関係ありませんが、私はギターのチューニングをする姿が大好きです(笑)
『東京チョコレート』
  今日はねってセリフじゃないひと言から始まるキミの話を・・・
  気張ったり 次の言葉を考えたりしないで・・・(話せるのがいい、みたいな?)
  折りたたんだ携帯(と、言った気がする・笑)
2番の歌詞も一生懸命憶えようとするのだけれど、どーしてもわからないですねぇ(笑)

『いつか棒になる』

『終電車と赤い文字盤』
  煙草はいつから吸い始めたの 体に悪いんじゃないの?
  気紛れで身勝手で でも臆病で 私の話を聞いたりしない

  特別な日には手を繋いでもいいでしょう(←これはいい加減・笑)

  ねぇ 終電車と赤い文字盤 明日からはまた会えないの あえて手紙とか書くからね
  ねぇ 閉まるドアと白い息 間違って開いたりしないかな 心の声でわがまま言った

  ギターを置いてある部屋を出ると すぐに駅まで着いてしまう(←これも・・・)

  ギターを弾かない私の指 ピアノを弾かないあなたの指(←手だか指だか)

すみません、はっきりしない歌詞ですが、こうして書くのが趣味のようなものなので(爆)
おしゃべりも少ししたんだけれど、あまり憶えていなくて。
きっとブログ仲間のどなたかが書いてくれることでしょう(笑)


出演者が全員ステージに・・・しかし、凄い人数です。
一人ずつご挨拶。
三上くんは、今度は自分も歌いたいって言ってましたよ。
吉田くんは、「メモリーズ2」 が始まる8月8日には夏の甲子園も開幕で、
自分たちも熱い闘いをするとか、なんか気合の入ったことを言って盛り上がりました。
吉田くん、どこか慎一郎っぽい(爆)
みんなの挨拶が終わって、BARABANさんと伊藤くんが残りました。
「気をつけて帰って下さい、帰るまでが遠足です」 と。

 ***

ムダに長いレポですが、ひょっとするといつもより短いかも。
実際はもっといろいろあったんです。
翔くんひとりでも、書ききれないほどいろいろと(笑)
でも、あまりに多くて憶えきれず、いっぱい落としてきちゃったみたいです。
何か思い出したら書き足していってもいいかなぁ・・・
BARABANさんが、前説したのが昨日のことみたいだって言ってましたけど、
さすがに3時間もやっていると大変ですね。
私なんか足腰痛くて、階段上るのしんどかったです(苦笑)

2時間くらいで終わると思っていたので、9時を回って大慌て。
帰りは速攻でライブハウスを出てしまいました。
ご一緒させていただいた皆様、ご挨拶できなくて失礼いたしました。

非常に濃い内容で、出演者も多彩、いろいろな意味で楽しいひと時でした。
どうもありがとうございました。
[PR]
by hiro3egao | 2007-07-02 00:22 | ライブ
<< Locker game Vol.2 bambino 2 >>