bambino+in YOKOHAMA

12月24日(月) 午後7:00 横浜BLITZ

レポではなくて、簡単な感想を・・・

ついにライブハウスでの 『bambino+』 ということで、思い切り盛り上がりました。
1,000人以上入るフロアだから、どんなに広いかと思いましたが、
ステージまでの距離は意外なほど近くて、
一番遠いCブロックでも、一段上がっているからとても見やすかったです。
いやぁ、それにしてもいい音でした!
歌うたいの竜太には、そりゃぁ幸せなことだっただろうと思います。

今回、ジュニアチームとシニアチームに分かれて、歌やダンスの対決があり、
勝ったチームがお客様をハイタッチでお見送りでした。

<ジュニアチーム>
健・優・淳・良治・ナオ・トッキー(時田さん・笑)

健は、相変わらず明るくて盛り上げ担当。
優は、髪型がよくわからないんだけどアップにしていたみたいです・・・可愛い(笑)
二人で新曲を披露、しっとりしたバラード、素敵でした。
千秋楽では、優がシゲさんとダンスの振り付けで兄弟対決(笑)

淳と良治は、「デューエ事件」 のせいで、時々かる~くぶつかりそうなムードに。
『ザウルス物語』 での淳の不良役、なかなか可愛かったですね。
今回会場で知り合った名古屋のお嬢さんが良治のファンで、いろいろお話しましたが、
やっぱり良治の人気はすごいですね。

回替わりの手紙の朗読、ナオには泣かされました。
妹みっちゃんへの手紙。
 公園に連れて行くと帰りたくないと言うから、ブランコ10回やったら帰るって約束して、
 帰り道にはお兄ちゃんの作ったお話を聞かせてあげていたけど、
 いつからか、「今日は何の日」 ばかりになっちゃったね。
 お兄ちゃんはカレーしか作れなくて、
 「今日はカレーライス、次の日はライスカレー、次はカレーごはん」 なんて・・・
 でもみっちゃんはいつもおいしそうに食べてくれたね。
ナオは、途中ちょっと泣きそうになりながら手紙を読んでいて、
涙もろい私は、思わずグッときてしまいました。

ジュニアチームになったトッキーは、いつも以上に弾けていましたね。
マスターと一緒に 「フェリスの女」 という演歌風の歌を・・・お二人とも上手でした。
マスターは、この曲で紅白を狙うそうです(笑)


<シニアチーム>
数馬・シゲ・彰吾・ザウルス・正輝・竜太

数馬って、話し方とか心配りとかが、とても優しい人・・・№1だったのもわかりますね。
シゲさんは、拓哉とかもこみちとか名前がいろいろ変わったけれど、
そろそろ1つに決めたいということで、最終的には “シゲ” に落ち着きました。
ダンスの振り付け・・・可愛さを前面に出した優に対抗して、大人の雰囲気で、
ということでしたが、負けちゃいましたぁ(笑)

前の回は彰吾の振り付けでしたが、どっちも 「サンショウウオ!」 で終わるのがミソ(笑)
彰吾は、最初に竜太と 『天使の翼をあげよう』 を歌ってくれました。
さわやかでした、とても。
『ザウルス物語』 でのゴジラもすっかり見慣れて、似合っていると思います(笑)
物語の主役、ザウルスとのデュエットも素敵でしたね。
このザウルス、ゴジラとの別れで不良になってしまいました。
学ランの背中の “座雨留酢” の文字には笑ったけど、
不良姿、超カッコいいと思いましたよ。

正輝は、今回は健康そうだったな(笑)
『雨、』 を途中のワンフレーズ歌った時に、普通に上手でちょっと意外(失礼)
歌い方も性格通り誠実な気がしました・・・好きです(笑)

竜太、茶髪でしたが、たぶん髭はなかったように見えました。
会場の良さで、もともと上手い歌がより上手く聴こえて嬉しかったですよ。
数馬いわく、「デューエ事件」 の時、マスターが土下座したけど、
boyの中では、竜太が一番最初に土下座したって。
竜太は「そんなことない」 と言ったけど、みんなに 「照れるなよ」 と突っ込まれてました。
今回の竜太は、あまりツンケンしていなくて、仲間に溶け込んだ感じ。
それも手紙を読んだ感じからすると、納得できるかな。
手紙が回替わりと知らなかったので、竜太がステージに残っていてびっくりしました。
どうやら竜太は、大切に思っていた彼女を失っていたようです。
 結局俺には音楽しかなかった。
 音楽は君といっしょで嘘をつかない。
 マスターは特殊な人らしい、なんていうかお袋みたいな・・・男だけど。
 お袋には会ってくれた?
 まだやりたいことがあるから、そっちには行けない。
順番や言葉は違うんだけど、そんな内容で、お母さんも彼女も空の上なんですね。
中で、「そろそろお金も貯まったし、留学したい」 と言っていたから、
竜太も卒業なんだろうなぁと・・・寂しいけど仕方がないかな。
曲の途中で入る追伸。
 今年は雪がたくさん降るって、ニュースでやっていた。
 久しぶりに、あの公園に行ってみようと思う。
 雪が降ったら、降りてきて隣においでよ。
 缶コーヒー、買っておくから。

***

24日は、2回目も千秋楽もジュニアチームが勝ちまして、
要するにシニアチームの方々とはハイタッチできませんでした。
勝手に竜太とハイタッチできると思い込んでいましたが、
よく考えてみれば、私にはそういう意味での運はなかったんでした(苦笑)

でも、ジュニアチームの方々とハイタッチというのも、それはそれで貴重な体験。
あまり贅沢なことを言うとバチがあたりますよね(笑)
個人的には、ナオとトッキーにハイタッチできて嬉しかったです。

今回の入場の仕方は、少々問題がありましたね。
ブロックごとに分かれているけど、入場は番号に関係なく並んだ順では、番号の意味がない。
少なくとも事前にお知らせすべきことでしょうね。
そうしたら、早い時間から長蛇の列ができてしまうのかもしれないけど。

ハイタッチも、ゲームに勝ったチームの特権っていうのがなんか不思議。
boyがハイタッチしたいのではなくて、お客さんのほうがしたいことだと思うし、
一応本命のboyがいるわけだから、その人とハイタッチしたいと思うのが普通ですよね。
何回も足を運ぶ人もいるけど、1回しか見ない人もいるんだから、
できることならマスターも含めて全員で、お見送りしてほしいなぁと思いました。
贅沢言っちゃいけないと思うけど、本音も言っておかないとね(笑)

横浜は、私にとって特別思い入れの深い場所。
またひとつ、素敵な思い出ができたことを幸せに思います。
本当に楽しかった・・・ありがとうございました☆
[PR]
by hiro3egao | 2007-12-28 00:51 | 舞台
<< わらしべ夫婦双六旅 BARABAN NIGHT! ... >>