<   2009年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

LITO 1st one man live 「Are you free today?」

7月14日(火) 午後7:30 吉祥寺シャッフル

すっかりおなじみとなった吉祥寺シャッフル。
吉祥寺は 決して近くはないけれど、ワンマンで始まりの時間さえ早ければ問題ないです。
ワンマンは曲数が多いので、セットリストは当然ながら伊藤くんのブログから。
曲の感想を少しと、憶えている限りのMCを書きます。

髪は黒ではなく少し茶色く染まっていて、前髪は目が隠れてしまうくらいの長さ。
全体的には短め・・・私はこのくらいが好きです。
最近あちこちで見かける白いシャツに黒いネクタイ(白く細い線が1本)
袖の折り返し部分やボタンの隠れているところに黒っぽい線が入っていてオシャレ。
黒っぽいジーンズに黒いスニーカー。


1.雨、
 アカペラで歌い出して、途中からギターを入れました。
 途中で伴奏を入れるのって難しいので、ちょっと音がずれたけど
 アカペラで聴けたのはとってもよかったな。
 いつ聴いても素敵な曲です。

2.月のない夜
 聴いているとけっこう歌詞もわかって、いいなぁって思うんだけど、
 ライブが終わると 歌詞はさっさとどこかへ消えてしまいます。

3.東京チョコレート
 とても落ち着いて聴ける、ライブで毎回聴きたい曲。
 今回は変わったアレンジではなかったと思うけど、崩し過ぎない普通のが好きです。

4.ウーパールーパー
 これも歌詞が全然残ってくれないんだけど、好きみたい。
 実際はどういう内容なんだろうって、ライブが終わるといつも思います。

5.White bird featherless
 映画 「斜陽」 の挿入歌で、直治という役をやったことをちょっとだけ説明。
 直治の役は、まさに太宰治自身の・・・みたいなことを言おうとしたんだろうけど、
 “まさに” と “太宰” がいっしょになってしまい 「ださに・・・」 と。
 そのことをみんなブログに書くようにと、すかさずネタにするあたり、さすが(笑)
 「明日(7/15)全国で発売、やっとここまできました」 と感慨深げに・・・会場拍手。
 武田信玄のことは特に知らないけど、“人は城、人は石垣、人は堀” というように
 人なくしてはここまでこられなかったから、今、周りにいる人やスタッフや
 ファンのみんなに感謝している、というような内容のことを言っていました。
 熱唱・・・この曲を最初から通して聴くのは、実は初めて。
 でも、映画やPVの映像を思い出して懐かしく、この曲もいいなぁと・・・

6.snow.
 前の曲で熱唱したから、急に静かな曲って呼吸を整えるのが大変そうだと思ったけど
 特にそういう心配をしなくてもいいくらいに、普通に歌っていました(当然か・笑)
 もう この曲から映画は思い出さないけど、とても心惹かれる曲です。

7.fuwari
 健介さんが 「パン一になろうかな」 って(笑)
 「パン一・・・パンツ一丁に、ね・・・そのほうが音が軽くなるとか ならないとか」
 伊藤くんがまじめにボソボソ言っていたのが、なんとなくおかしかった。

8.コルク
 私が行かれなかったライブでやった曲だったので初めて聴きました。
 “なかなかどうして・・・” とか “からから渇いた・・・” とか
 そういう言葉遊びみたいな感じの歌詞でした。

 どこか忘れましたが、健介さんとふたりでやってから再び他のメンバーを呼んだ時、
 なかなか出てこなくて、「おーい、困ったな・・・早く来てー!」
 黒さんは当然ビールを飲んでいて、ステージにも缶ビールを持参してきました(笑)

9.サツキ
 この曲、すごく好きかも。
 サツキの風に乗って空に舞い上がった花びらが五線譜になる みたいな歌詞とか
 ゆらゆら揺れてる電車に乗って とか 目に浮かぶ情景がとっても明るくてきれい。
 君が好きだっていう歌詞が何回も出てくるのが またくすぐったい感じで、
 伊藤くんの曲の中では正統派のラブソングだと思いました(笑)

10.メタファーの海
 派手でアップテンポのロック(かな?)
 一番歌詞がわからない曲です。

11.いつか棒になる
 ライブの最後を締めくくる定番の曲に・・・会場大盛り上がり。
 ここでメンバー紹介。
 たくちゃん:ドラクエを我慢しているって言ったのかな。
 健介さん:志村けんさんのバカ殿のものまね(笑)
 黒さん:何日も連続でライブをやっていて、もう人前には出たくないって言ってる。
 角田さん:俺の相棒!と聞こえた(笑)

12.ラディア
 アンコール後の 1曲目。
 何ともいえない不思議な歌詞で、柔らかい光に包まれたような感じがして好き。

13.終電車と赤い文字盤
 聴けばいっしょに口ずさめるのに、歌詞を書こうと思うと正確には思い出せないという(苦笑)
 情景や心情を思い浮かべることができる曲は、その世界に入り込めるから好きです。
 

アンコールの前に、BARABAN NIGHTと二元中継ということでマックが登場。
スカイプっていうんですか、仕組みはよくわからないけど
とにかく原宿アストロホールと繋げようという試み。
健介さんとたくちゃんが頑張ったんだけど、これがなかなか繋がらなくて・・・

ここで伊藤くん、まさかの公開タイピングショー(爆)
「ラディア」 を歌いながら歌詞をタイピングするというもの。
会場の後ろのほうは左右にモニターがあるんだけど
前のほうは見えないからと、PCの画面が見えるように伊藤くんが後ろ向きに(笑)
中腰の中途半端な姿勢で 『ラディア』 を口ずさみながらタイピング。

最近ようやく両手で打てるようになったとかで、
打ちミスはあったと思うけど、なかなか軽快に打っておりました。
“ラディア” という歌詞が続くところでは
「コピーすればいいんだ!」 って言って、ラディアをコピペ(笑)

いやぁ、会場盛り上がりましたねぇ。
おもしろいからまたやりたいって・・・今度は 『いつか棒になる』 で。
相当早打ちしないとできないけど(爆)
「♪日曜日の午後・・・そよ風とカーテン エンター!みたいな」
「そこまでエンター押さないの?」 って健介さんが(笑)
この “エンター” のところで右手の拳を突き上げるんだって。
どこでエンターが来るかわからないから、あぁそこだったか!みたいなね。

この後もなかなか繋がらず、たくちゃんに 「トークでつないで」 と振られます。
「そういえば、さっき何か言いたいことがあったんだけど・・・なんだっけ?」 と。
○○のカツはおいしいって言うけど、冷めるとそうでもない・・・じゃなくて、
実はその隣の店の羊羹がおいしい・・・でもなくて、とか話していました(笑)

マックは、トラブルがあったらとにかく再起動するのが解決方法ということで、
健介さんが再起動して、ようやく繋がりました。
原宿は篠田のみっちゃんがしきっていて、トッキー、ナオ、それに新人さんがいたみたい。
当然ながら、両会場盛り上がりました。
何か1曲歌ってと言われて、bambino のテーマを1番だけ。
「今回の舞台は ホントにやばいので、みんな是非来て下さい」 と言ってました。
やばいのか・・・う~ん、どんなふうにやばいんだか、待ち遠しいことです。

 ***

今回は、LITOとして本格的に歌手活動をしようという最初のライブ。
そう思って見るせいか気合も入っていたし、安定感があってまとまっていたように思います。

「やっとここまできました」 と言った時だったかな・・・
本当にデカレンジャーには助けられて、ここまで来る間には本当にいろいろなことがあって、
でも、それはみんなも同じで、いろいろなことがあると思うし
それでもここに来ている間は楽しんで・・・というようなことを言ったんですよ。
耳が勝手にそう聞いたのかもしれないけど(←いつも都合のいい耳なので・笑)

「デカレンジャーに助けられた」 という言い方は初めて聞きました。
なるほど・・・と思っていたら、「みんなも同じで」 と言われて ちょっと涙しそうになっちゃって。
誰にでも多かれ少なかれ “いろいろ” というのがあると思います。
私にもある “いろいろ” が、一瞬にして頭の中に浮かんできてまいりました。
たいしたことじゃなくてもジャストミートしちゃう時があるから。

たっぷり歌を聴いて、楽しい企画に笑って、とてもいいライブでした。
伊藤くん&LITOさん、メンバーの皆様、素敵な夜をありがとうございました。
そして ブログ仲間のみなさんも・・・また次回、ご一緒いたしましょう☆
[PR]
by hiro3egao | 2009-07-17 01:41 | ライブ