<   2009年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

TOKYO SECRET CHILDREN vol.5

10月25日(日) 午後7:00 PINK BIG PIG (新宿)

受付を済ませて会場へ行き、まずはバイキング形式でお食事しました。
食事中は、伊藤くんの曲がカラオケでずっとかかっていて、
このCDが欲しい!!と心底思いました。

オープニングで古賀久士さんが登場、ピアノで弾き語り。
オリジナルの曲やジャクソンファイブ、スティーヴィー・ワンダーなどの洋楽を
よく通る澄んだ歌声で披露してくれました。

ドライアイスの煙がモクモク・・・そこにハロウィンの仮装をした司会役の春日勇人さん登場。
「“私たち、1万年と2000年前から” と言ったら、“シモベです” と言って下さい」 ってことで
このコールで TSC の始まり・・・らしかったです(笑)
伊藤くんは春日さんをずっと “シモベ” と呼んでいました。

椎名林檎  『ここでキスして。』
リクエストで 1位になったのがこの曲だったようです。
カラオケが始まってもステージには現れず、歌声だけが聴こえてきました。
うまく言えませんが、会場の脇のガラス窓の向こうにカーテンがかかっていて、
そのカーテンの隙間からガラス越しに歌っていたみたい(笑)
やがてステージへ・・・すっかりお馴染みの かぼちゃの被り物、黒いマント。
春日さんがリンゴを持ってきて、一口齧って伊藤くんへ(笑)
伊藤くんは、リンゴを持ちながら歌っていましたが、途中で食べ始めて、
間奏の間に全部食べ終わらせようと、凄い勢いで食べたけど間に合わず、
歌どころじゃない状態に(爆)
むせたりしながら、とりあえず持ち直して終了。

名曲部門:井上陽水  『帰れない二人』
舞台 「ラムネ」 で歌った曲ですと説明。
春日さん、今度はサングラスを持ってきました。
サングラスって、あまり見たことがなかったからよかったかも。
歌いながらステージを降りて会場へ。
歩きながら握手をしたり、空いている席に座ったり、まさにディナーショー(爆)
♪結んだ手と手のぬくもりだけが~ で、握手した人の手を高く上げて見せるサービス。
歌い終わって なぜか矢沢永吉の真似をしていました(笑)

秋葉原部門:初音ミク  『 ?  』 (ごめんなさい、タイトルわかりません)
伊藤くんの 「秋葉原といったら?」 という質問に春日さんは 「メイド?」
「それはただ好きなだけでしょ」

「こんな大勢の前で初音ミクを歌っている人を見たことがない」 と伊藤くん。
歌い始めようとしたら、春日さんがまた小道具を持ってきました。
緑色の毛糸でできたエクステ(?)を、髪にピンでセット。
袖口の広がった 付け袖っていうのかな、それをつけて、ネギを持たせました。
春日さんは 「(ネギの意味は)わかる人はわかる」 って言ってましたが、
伊藤くんにはわからなかったみたい(ちなみに私も・笑)
ネギを振り回して下さいと言われて、ひと振りしたら ネギが折れたーっ!(爆)
折れても、短くなったネギをブレードとか言って振り回したり、
ネギを齧ってまずそうな顔をしながら 「蕎麦が食べたくなった」 と言ったり・・・
終わってエクステをはずしたら、会場から 「かわいい」 の声が。
「?・・・かわいい?」 と、ちょっと考えて急いで付け直したよ(笑)

  ネギは初音ミクの定番アイテムらしい。振り回すというのも、そういうものらしい。
  きっと、センちゃんにとっての雑巾であり、頭に乗せるものっていうのと同じだね(笑)

bambino 慎一郎のテーマ 『sunset play sunrise end』
「過去の曲ということでこの曲を・・・」 かかった前奏に会場が 「おぉーっ!」
途中から寿里さん登場でさらに盛り上がりました。
このふたりで この曲を聴けるなんて かなり嬉しいかも・・・歌、すごく上手だしvv
寿里さんは、歌詞を携帯に入れて一生懸命覚えたらしい。
「すごい緊張した」 「髪を切って初めてのお披露目」 短い髪型もとってもステキでした。
はけるとき、「カラオケじゃないじゃんかよ、バーカ!」 と言って去って行ったのが
子どもっぽくてかわいかったです(笑)

桑田佳祐&Mr.Children 『奇跡の地球』
「たまに似ていると言われると嬉しいミスチルの桜井さん」
「この人と話をしていて桑田さんが好きだということで」
シークレットゲスト 竹尾一真さん、着物に扇子を持って登場。
この格好でこの歌って(笑) でも、ものすごく歌が上手でステキでした!

山崎まさよし  『One more time,One more chance』
「ここでしっとりと落ち着いて」 ということでこの曲。
途中から篠田光亮さん登場。
この方も歌が上手だし、伊藤くんとこの曲ですから・・・私、ちょっと感動しちゃってうるうる。

トーク&ゲームコーナー
シークレットゲストの2人目林剛史さん登場。
普通に遊びに来てステージに呼ばれたみたいで、
携帯でお母さんと話しながら出てきました。
当然ながら場内盛り上がった!
後のほうだけど、伊藤くんが 「ホントにお母さんと仲がいいんだから」 って言ってたね。

トークに関しては、いつ話したのか記憶が曖昧ですので、適当に・・・
ステージに椅子が置かれて、左から寿里さん、林さん、竹尾さん、篠田さん。
中央右寄りのピアノの椅子に伊藤くん。

途中で春日さんがビールを運んできて飲みながらトーク。
テーブルがないから床にグラスを置いて、とっても自由な雰囲気でスタート。
トークはやっぱり篠田さんがリード。
「bambino メンバーは仲が良すぎ。この間も竹さんとヨースケが
うちに泊まって行ったんだから」
伊藤くんは “お酒に弱い” というだけあって、じきに赤くなっていました。
竹尾さんもどんどん眠そうな顔に。
「竹さん、寝ちゃうんじゃない?この間のパターンといっしょ」

ゲームは、スケッチブックに絵を描いて しりとりをするというもの。
前の人が描いた絵を正確に理解しないといけなくて、間違ったら罰ゲームです。
篠田さん、「最後の寿里はオチだから、わかってるよね?」 と寿里さんに妙なプレッシャー。
「最後までちゃんとできたら、ヨースケ自腹でビールおごって」 に、伊藤くん 「いいよ」
「わざと間違った絵を描いて、どんだけ飲みたいんだよ、みたいな」 と篠田さん。

①伊藤くんからスタート。
  いきなりのゲームにもかかわらず、描いたのは早かったけど、なぜか 「黒柳徹子」
  会場は微妙な反応。 あ~ぁ、 まぁわかるけど・・・みたいな(笑)
②篠田さん 「最初からハードル高いよ」 と言いつつも 「こたつ」 を描きました。
  絵が上手で会場どよめく。 「上手いでしょ?何でもそこそこできちゃうのよ、器用貧乏」
  こたつに入っている人が、あったかそうな なんともいい表情をしていたようです。
③竹尾さん 「これ、最後に “ん” がつく?」 と不思議な質問に会場中 ??
  「竹さん、しりとり知ってる?“ん”がついたらダメなんだよ」 と篠田さん。
  さらに 「“ん” だと思ったら、そこから続けて描けば?」
  あとで解説した時に、“こたつぶとん” だと思ったと(笑)
  でも、ちゃんと “つ” で続けて写生を始めました・・・「つよし(林剛史)」
④林さん、自分では絵がまぁまぁ上手いようなことを言っていましたが(笑)
  竹さんの絵で自分だということはわかったようで、「篠田さん」 の絵を描きました。
  このとき篠田さんは長い前髪部分をヘアゴムで上のほうに縛っていて、
  その特徴をちゃんと描いていたから、そのままならよかったんだけど、
  髪の部分に矢印を描いてしまったんですよねぇ・・・これが寿里さんを惑わせた。
⑤寿里さんは、どうしたわけか 「ブタ」 の絵を描きました。
  ちょうど後ろに 会場のシンボルであるピンクのブタがいて、
  ただあれを描いたんだろうとか言われていましたが、
  実は、林さんが髪のところに描いた矢印を 「ウェーブ」 と解釈。 その結果 「ブタ」

結局、寿里さんが罰ゲームで、ピアノを使った一発芸を披露することに。
ピアノの♪チャンチャンチャンという音でおじぎをしながら、おでこをマイクにぶつけました。
篠田さんが、「途中で おでこぶつけただろ? え? あ、わざとか」
そう、ぶつけたことが一発芸だったみたい(笑)

伊藤くん 「あと時間どのくらい?」 春日さん 「あと5分」
そんな話は関係なく、篠田さんが 「黙っていられない」 と司会役に(笑)
「ハロウィンの思い出って何かある?」 とみんなにふると、
寿里さんは、「去年、顔半分青くした」 「ケガ?」
「顔半分って言ったら大ケガだよ。ライブで半分青く塗ったの」
林さんは、マイケル・ジョーダンの格好で新宿あたりをうろついていたらしい(笑)
「頭、剃ったの?ひょっとして、これヅラ?」 「そこまでやるか!」
竹尾さんは、「そもそもハロウィンって何?」
「ダークベーダーを買おうと思ったけど思いのほか高かったから、和服にした」
「ハロウィンに着物って、世界中で竹さんだけだよ」

この会話の間中、春日さんは時間を気にしていたみたい。
伊藤くんに時間のことを聞かれて、
いきなり 終わりです、ありがとうございました みたいな閉めの挨拶(爆)
ゲストのみなさんは、客席を通って後ろから帰って行きました。
途中、バイキングの料理をつまみながら(笑)

LITO  『東京チョコレート』 『White bird featherless』
ここからLITOになると言って、何やら呪文のようなことをムニャムニャ・・・「LITOです」
古賀さんとコラボで歌いました。
『東京チョコレート』 を聴くと、とてもホッとするのはどうしてでしょうね。

これでメインは終了しましたが、伊藤くんはこの後ステージから降りて
会場のあちこちをまわり、みんなとおしゃべりしたり、写真撮影に応じてくれたり・・・
ひと通りまわったら、「物販もやりますから」 と言って裏のほうへ。
言葉通り、会場の入口で物販。
贅沢にも角田崇徳さんがお手伝いをしていてびっくり&ドキドキでした。
伊藤くんは、ここでもサインしたり、写真撮影したり・・・とても丁寧に対応して頂きました。
ほんっとーに “話” っていうのができないもので、
お決まりの 「ありがとうございます」 とか 「がんばってください」 しか言えないんですが、
私としては、もう十分幸せな気持ちでいっぱいでした。

TSCは イベントとしてとても楽しいことはもちろんですが、
たくさんのお友達に会えるのがまたいいんですよね。
久しぶりの方にたくさん会えて、いろいろお話できてとても嬉しかったです。
伊藤くんやゲストのみなさん、お友達のみなさん、
素敵なひと時を どうもありがとうございました☆
[PR]
by hiro3egao | 2009-10-27 00:25 | イベント

川崎 LA CITTA DELLA 野外ライブ

10月12日(月) 14:00&15:30 川崎 LA CITTA DELLA

初めての野外ライブ。
歩いてきて見下ろすと、石造りですり鉢状の噴水広場がありました。
底の丸い部分にマイクが・・・周りが石段になっていて、そこに座って観るわけですね。
思っていたよりも狭くて、マイクまでの距離がとても近かったです。

30分前くらいに伊藤くんが来ました。
早速、リハーサル。
音のバランスとか カラオケの音量とか いろいろとチェック。
囁くような声で 『デカレンジャー』 ・・・久々で嬉しかったv
ゆずの 『サヨナラバス』 ・・・歌詞を覚えていなかったみたいで所々飛んだけど、
聴いてみたい曲のひとつだったので、これまた嬉しかったv
「まだリハーサルです」 と言いながら歌っていたのは、なんの曲だったっけ?


★ 1回目(14:00)
いつものように、かぼちゃの被り物に黒いマント姿で登場。
かぼちゃはマイクスタンドに、マントはギタースタンドにかけました。

1.終電車と赤い文字盤
  いつも暗いライブハウスで聴いているし、終電車=夜のイメージだから
  昼間に野外でというのが新鮮。

2.ジョークがそう言っている
  好きな曲のひとつ・・・聴けて嬉しかったぁ。

3.バンビーノのテーマ
  この曲がくるとは、ちょっと意外でした。
  舞台の曲だということをちょっぴり説明。

4.ハロー・ハロー

5.White bird featherless
  相変わらず熱唱。
  映画 斜陽で直治を演じたことと、太宰治をイメージして作った曲ということを説明。

6.いつか棒になる
  「今、何時ですか?・・・じゃ、あと3分あるから」 ということで この曲を歌ってくれました。


★ 2回目(15:30)
かぼちゃとマントはステージに置きっぱなしだったので、どうするのかと思ったら、
楽屋のドアが細く開いて、左足首までが出てきてちょっと動いて一度引っ込んで、
次に右手が出てきてパタパタ動いて(笑)
登場した時には、かぼちゃのついたスティックみたいなのを持っていたような。
マイクスタンドのかぼちゃを 1回取って、被るのかと思ったら ただ付け直しただけ(笑)
マントも取ってヒラリと振り回したから、
つけるのかと思ったら、かぼちゃと同じマイクスタンドに結び直しただけ(笑)
そこにスティックを指してスタンバイ。

1.天使の翼をあげよう
  後半の ♪さ・さ・や・く の部分を客席にふってくれたんだけど、
  みなさん一瞬躊躇ってしまったようで、失敗(笑)
  2回目は元気よく歌えましたが、「囁くんだから」 というダメ出しをされ・・・
  3回目に 文字通り囁くように歌って OKが出ました(笑)

2.川崎ベイベ
  どうやらライブに行った先々で歌っている即興曲らしい。
  「今日は何線で来たの~?」
  「久しぶりにデカグリーンを見た~ やすだそうくん・・・ブログに書くからね~」
  約束どおりブログにアップされていましたね(笑)
  
3.東京チョコレート
  安心して聴けるという感じ。

4.ラディア
  これも聴くたびに好きになる・・・穏やかな響きが好きです。

5.ハロー・ハロー

6.White bird featherless
  歌詞に合わせて動く手が素敵・・・指先まで表情豊かな手だと思う。

MCは、もうどこで言ったのかわかりませんけど・・・
最初に自己紹介で、デカレンジャーをやっていて、ここにもロケで来ている。
敵をなぎ倒して・・・みなさんが生きているのは俺のおかげ。
噴水広場なので、噴水を出しながら歌うという前代未聞のライブをやろうかと。

各回のライブ終了後は、物販でサイン会。
握手したり 写真撮影したり、サービス満点でした。
デカグリーンの子が来た時に、
「写真いっしょに撮らせてもらっていいですか?」 と、伊藤くんが言ってパチリ。
実はお父さんが伊藤くんのファンらしく、
男性のファンを増やして下さいみたいなことを言われて爆笑していました。
とってもほのぼのとしていていい雰囲気でした。
みんなが和気藹々としているのを見ていると、とっても幸せな気持ちになれます。

野外というのは開放感があっていいですね。
買い物に来たちっちゃな子がいっしょになって手拍子をしていたりして可愛かったなぁ。
機会があったら、こういうライブも開いてほしいです。
私には “昼間” というのも嬉しかったぁ・・・余裕で帰宅できました。

いつもながらのブログ仲間のみなさま、
また、新しくお友達になったみなさま、楽しいひと時をありがとうございました♪
[PR]
by hiro3egao | 2009-10-17 01:34 | ライブ