<   2011年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2nd OnemanLive -COMMONSENSE-

2月14日(月) 午後7:00 原宿アストロホール

原宿は 雨から雪交じりで、開場待ちは 非常に寒かったです。
しかし天候に関係なく、たいてい予定時間が遅れるという ^^;

いつものステージと、上手側に別の特設ステージがありました。
椅子とマイクスタンドが2つずつ、こっちでも歌うんだなと
そう思ったのは、実は開場してからかなり時間が経った頃のことでした(笑)

OPの映像は、伊藤くんがデジタルハリネズミで撮影したもの。
『ギャングスタ』 の舞台挨拶での映像で、楽屋なのかな。
プレゼントの手提げ袋とか ミスタードーナッツのロゴとか 小物がいろいろ。

まずは バンド形式で。
鮮やかな濃いピンクのTシャツに、おなじみの緑のパンツ。
丈の短い白いジャケットは、お友達のデザイナー はるかさんによる手作りで、
カラフルなボタンが襟の縁にいくつも縫い付けられていたり、
動物のイラストがが手描きされていたり、
背中には大きなピンクのハートが描かれていたり と 遊び心満載。

「One Star」
「東京チョコレート」

  意外な曲で始まったなぁと。「One Star」 は あまりライブでは歌わないから。
  対象的に「東京~」はライブの定番。なんか聴くとホッとします。

「ウーパールーパー」
「White bird featherless」
「ハロー・ハロー」

  ここの曲順は不明。
  最近のライブでは 「ウーパールーパー」 をよく歌っています。
  早くCDにならないかなぁ・・・正確な歌詞が知りたい。

  ここでバンドは休憩、ゲストの古賀久士さん登場。
  
「railway to happiness いつも笑っていられるように」 (古賀久士さんと)
「ミラージュ」 (古賀さんの曲)
  「railway~」 今日は聴けるかなと期待していたけど、(← 実はいつも期待している)
  本当に聴けると思わなくて固まった(笑)
  やっぱり名曲、やっぱり特別・・・ひたすら感動。
  デカからのファンじゃない人には、どんなふうに聴こえているのか、聞いてみたいです。

  ここのMCで、歌い始めて何年経つかという話になり、確か古賀さんは15年だとか。
  伊藤くんが 高校3年生の時に文化祭で 尾崎豊の 「I LOVE YOU」 を歌った話をして
  古賀さんのピアノで最初の ♪ I LOVE YOU~ だけ歌いました。
  伊藤くんは、古賀さんの歌うキョンキョンの 「やさしい雨」 が好きなんだそうで、
  古賀さんがちょこっと歌いました。
  この時は 高い音をファルセットで歌ったのですが、
  「これが地声で出ちゃうんだからすごい」 って伊藤くんが言ってました。

  私は気づけなかったのですが、「ミラージュ」 の伴奏には、
  「雨、」とか伊藤くんの曲がいくつか入っていたそうで、
  伊藤くんは、古賀さんの優しさだと言っていました。  

  古賀さんはこれで終了。
  特設ステージでソロ。

「snow.」
  スクリーンには、デジタルハリネズミで撮影した映像が流れ、その前で歌いました。
  車から撮影したのかなと思っていたら、後日、バスの中からの撮影と判明。
  見せる歌い方は、役者さんならではと思うので、いいんじゃないでしょうか。

  特設ステージに 丸谷マナブさん登場。

「太陽と埃の中で(チャゲアス)」 と 「小さな宵月」コラボ (丸谷マナブさんと)
「丸谷さんの曲」
  コラボ、ものすごーくよかった!
  「小さな~」 は久々に聴いたけど、アレンジが違っていて なんていうのかな・・・
  柔らかくて優しい感じがしました。(すみません、よくわからないですね ^^;)
  伊藤くんの曲を丸谷さんが歌っているのが新鮮で、いいなぁと思いました。
  丸谷さんの曲(タイトル忘れました、残念)も、二人で歌って素敵でした。
歌い出してすぐに ストップしてやり直しに。
  どうしたのかと思ったら、最初は伊藤くんの口笛から始まることになっていたから(笑)

  MCで、北海道の円山動物園にいる マルヤマンは ものすごいキャラだとか、
  北海道フェアの時、二人の洋服が思い切りかぶってしまった話をしました。
  フェアで歌の順番は、丸谷さんの次に伊藤くんだったけれど、
  年配の方には、人が変わったのがわからなかったんじゃないかと(笑)

「ヒグチさん(ROCKADELICO)の曲」 (ヒグチミツヒロさんと)
「終電車と赤い文字盤」
  ヒグチさんの曲は、当然ながらロックで、ずいぶんとお客さんを煽ってくれました。
  伊藤くんが、普段はこんなノリにはならない みたいなことを言ってたなぁ(笑)  
  ヒグチさんは、自分の話はスベル、「人生滑り台」って言ってました。
  その後だったかな、「今、外は雪が降っています!」と言って、会場が一瞬静かに。
  お客さんから「さっきから降ってま~す」 と返されて、「ほらね」 って(笑)
  なんか そんなやりとりがあった気がします。
  
アンコールのステージに アヒル口のゲスト登場。
事務所に内緒で来たから名前は出さないで とのこと(笑)
話の流れが思い出せないんですが、もし30分くらい伊藤くんがどこかに行ったとしても、
その間しゃべってつないでいるから大丈夫みたいなことを言っていたような・・・
たぶん 早く来ていたのに全然呼ばれなかったからかな。
このあと鍋パーティーに行く予定だったのに、時間に間に合わないって(笑)

とにかく感心するくらいよくしゃべってくれる彼。
この人ほど場を明るく盛り上げてくれる人って ちょっといないですよね。
これから歌う曲がしっとりした曲と聞いて 「こんな雰囲気で大丈夫?!」 って(笑)
彼は、そのまま特設ステージに残って曲を聴いていました。

「理由」
「雨、」
  「雨、」 は、やっぱりいいです。
  いつ聴いても すっとその世界に入って、どこか切ない気持ちになるんですけどね。
  bambino のメンバーがいたりすると 余計にあれこれと思うことがあるみたい。

「いつか棒になる」
  最後に バンドのメンバー紹介。  

 ***

もっといろいろあったのに、時間が経ち過ぎて断片的にしか思い出せません。
ただ、私の中では 内容が充実していて ものすごくよかったという印象です。
どこでだったか、
 19才で地球を守り、あれから7年。
 あっさり(今年で)27才になり、出会って7年の人もいれば 1年の人もいます。
 いつも応援してくれてどうもありがとう。
 これからも何かの形で返していけたらと思っています。
というようなことを言っていました。
7年も経つなんて 本当にあっという間だなぁ・・・と思いました。

時間が遅かったので 物販に寄らず すぐに会場を出ました。
お友達へのご挨拶もあまりできなくて 失礼いたしました。
外は予想以上に雪がたくさん降っていて、走りたくても走れませんでしたね(笑)
でも、交通機関が本格的にマヒする前に帰ることができました。
伊藤くん、お友達のみなさん、楽しいひと時をありがとうございました☆
[PR]
by hiro3egao | 2011-02-28 01:08 | ライブ